座席のシミ子

そういう者です

2018年上半期現場振り返り 〜おかね編〜

早いもので2018年上半期も終わったので、上半期の現場を振り返ってみました。
どんな視点から振り返ろうかなぁ・・・と書き始めたら長くなったので、「おかね編」と「おもいで編」に分けます。

 

今回はおかね編です!(いきなり金の話・・・)

 

私はいつもお金が無いのですが(オタクみんなそう!)、そこまで使ってないはずなのになんでこんなにお金がないのか知らねばならんな…と思い、今年はしっかりオタク家計簿をつけています。

 

家計簿の付け方ですが、私はこのようにしてExcelに自分の行った現場と使ったお金をまとめています。

Excel記録、一覧で見られるし、後からグラフ作ったり前年比出したり色々分析できるのでおすすめですよ!

推し毎(誰目的の現場か?)に色分けもしてます。私は面倒なので条件付き書式を入れて、推し欄(※画像のH列)に名前を入力すると、推しごとに決まった色で自動的に色が変わるようにしてます。

f:id:tome_coo:20180707012612j:image

 

去年までは年末にまとめてやっていましたが、今年からは家計簿のよう都度記録して、精度を上げようと試みています。
「え・・・私もうこんなに使った・・・?まだ4月だぞ・・・」と肝が冷えますが、推移をリアルタイムで追えるのは楽しいです。


記録している項目はこんな感じ。
1)公演日時
2)公演名
3)会場名
4)都市名
5)何の現場か?(最推し、二推し、テニミュ…など) ※DDなので、実際のところ誰にいくら使ったか把握するためにこれは重要!
6)公演の種類(舞台、ライブ、イベント…など)
7)チケット代
8)物販代
9)交通費
10)プレゼントやお花代


チケ代や交通費はさておき、プレゼントやお花にかかったお金を記録するのも無粋なのですが、自分への戒めとしてつけてます・・・(まぁ、特に戒めてどうするわけでもありませんが。買いたいプレを買うし、出したい花を出す!)


家計簿的として見るなら、会場名とか都市名とかは別に要らないかも。どこの劇場に一番多く行ったとか、どこによく遠征してたとか、年間で集計したら楽しいかなと思って入れてます。


といういうことで、前置きが長くなりましたが、ここから2018年上半期の結果発表(?)をしていきたいと思います。

※具体的な金額ではなく「何にどのくらい使ったか」という割合だけなので、読んでも別に面白くないかも。
最後に1現場の平均金額だけ出してます。

 


~用途別~

f:id:tome_coo:20180707013323p:image

やっばり1番ウエイトを占めてるのはチケットですね。
オタクをやるには1にも2にもチケット!とにかくチケットを取らないと現場に行けない!チケット大事!

 

「物販」の中に、舞台のグッズだけでなく地下ドルのCDとか写真集イベなどで複数買いしている分も含めてるので物販の割合もやや高めですかね。

 

交通費は遠征分だけ入れてます。都内ではない関東圏に住んでいるので、都内の劇場に行くのに地味に毎回往復1000~1500円くらいかかっていますが、それは含めていません。
グラフ上は少なく見えますが、夜行バスとかで切り詰めてもチケ代の3分の1と考えるとまぁまぁ痛い。関東に住んでいてもこれだけかかるので、地方の方はほんとに大変だなぁと思います。

 

 

~推し別~

f:id:tome_coo:20180707013436p:image


🐶(黄緑)→最推し、🎾(ピンク)→テニミュ、🧚‍♂️(黄色)→二推しです。

 

DDと言ってもやっぱり最推しに1番お金を使っていて安心しました!

というか、最推しと二推しとテニミュ以外は1割ちょっとしか使っていないので、別にDDでもないな!ただの推しが2人いるテニモンですね。なるほど〜。

 

 

~推し別×用途別~

f:id:tome_coo:20180707013533p:image

※左からチケット、物販、交通費、プレ&お花

各用途は上の用途別の円グラフと同じ色分けです。


これは推しごとに特徴が出て面白いですね!

 

最推しには満遍なく。

テニミュは地方公演が多いので交通費の割合が高い。
二推しは現場が舞台ではなく所属ユニットのライブがほとんどで、チケ代は舞台よりうんと安いのでチケ代の割合は低く、その代わりCDをたくさん買ったり接触にお金を使っているので物販の割合が高いです。

 


〜1現場平均単価〜

1万2,751円

※チケット、交通費、物販、プレゼントやお花すべて合わせて

 

これが安いのか高いのか、いまひとつピンと来ませんが、私は関東在住、推しの舞台があったら東京公演に何回か行って、地方があったら各1回は行って、グッズは推し関連だけ、接触イベは数回だけループ、お花は出せるときは出す、プレは気が向いたときに・・・という若手俳優オタクとして最も平均的な行動様式のオタクなので、大体このくらいに落ち着く人が多いのかなぁ、と。


推しが東宝系によく出てチケットがお高めとか、ハイブランドのお洋服をプレゼントしているとか、地方から毎回遠征してるとかだともっと現場単価が高くなりそうです。

 

1現場平均約1.3万円ということは、「推しの次の舞台10公演行きたいぞ!」と思ったら大体13万用意しておけばいいということですね。
仮にチケットが8000円として、10枚で8万、残り5万でお花出して遠征して物販買って・・・と考えるとかなりギリギリな気はしますが。

これは今後の参考になりそう!

 

 

以上、おかね編でした!

 

家計簿をつけておいてアレですが、自分が何にどれだけお金を使っているかわかったところで、これを節約するのは難しいですよね!
遠征費は人権を無くさない範囲(夜行バスは使うけど3列独立シートのみ…とか)で既に限界まで既に切り詰めているし、チケット代は基本定価なのでこれ以上安くはならないし、物販も買いたいものは買いたいし、プレあげたいしお花も出したいし・・・節約するとこ無い!!節約!!するとこ!!無い!!です!!お金ほしい!!!!!!